[PR]

 愛知県岡崎市のマンションで昨年11月、住人の河原薫さん(当時49)の遺体が見つかった事件で、愛知県警は4日、土木建築業鈴木悠太(37)=同市栄町4丁目=と、作業員林淳一(40)=同市戸崎元町=の両容疑者を強盗殺人の疑いで逮捕し、発表した。鈴木容疑者は容疑を認め、林容疑者は「わからないです」と否認しているという。

 捜査1課によると、両容疑者は共謀して昨年11月14日、マンション3階にある河原さん宅に侵入し、河原さんの首などを刃物で刺して殺害し、乗用車1台や財布など計6点(時価計約90万円)を奪い取った疑いがある。

 林容疑者は、鈴木容疑者が経営する土木建築会社で働いていた。防犯カメラの解析などで両容疑者の関与が浮かんだという。

 河原さんの遺体は昨年11月19日午前10時ごろ、訪ねてきた母親が発見。自宅玄関などに設置された防犯カメラの映像を記録するレコーダーが無くなり、河原さんの乗用車が約6キロ離れた公園の駐車場で見つかった。ほかにも河原さんが知人らに金を貸した記録を記した手帳や、金庫内の貴重品が見つかっておらず、県警は盗み目的の可能性が高いとみて調べていた。