[PR]

 車で死亡事故を起こして逃げたとして、大阪府警は4日、大阪府東大阪市島之内2丁目、自称会社役員の三島博文容疑者(52)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「事故とは思わなかった」と容疑を否認しているという。

 河内署によると、逮捕容疑は3日午後5時半ごろ、東大阪市吉田4丁目の府道交差点で乗用車を右折させた際、対向車線を直進してきた大学生の溝河成駿さん(19)=大阪府摂津市庄屋1丁目=運転のバイクと接触し、そのまま逃走したというもの。溝河さんは転倒し、搬送先の病院で死亡が確認された。三島容疑者は事故の約40分後、現場に戻ってきたという。