登校中の男児ひかれ死亡、容疑者を現行犯逮捕 虎ノ門

[PR]

 4日午前7時55分ごろ、東京都港区虎ノ門1丁目の交差点で、近くに住む小学生大久保海璃君(8)が左折してきたワゴン車にひかれた。大久保君は病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

 警視庁は、ワゴン車を運転していた住所不詳のアルバイト金井彰規容疑者(52)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕。同致死容疑に切り替えて当時の状況を詳しく調べている。

 愛宕署によると、現場は虎ノ門ヒルズに近い「虎の門二丁目」交差点。大久保君は登校中だったとみられ、1人で横断歩道を歩いていた。どちらの信号も青だったといい、ワゴン車の死角になった「巻き込み事故」と同庁はみている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント