【動画】将棋の藤井七段、C級1組順位戦9回戦で、高野六段との対局始まる=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が4日、大阪市福島区の関西将棋会館で、第78期名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の9回戦に臨んでいる。高野秀行(ひでゆき)六段(47)と対戦しており、開幕から8連勝中の藤井七段が勝てば、最終の10回戦を待たずに一つ上のB級2組への昇級が決まる。

拡大する写真・図版第78期将棋名人戦・C級1組順位戦の9回戦で、高野秀行六段(手前背中)との対局に臨む藤井聡太七段=2020年2月4日午前、大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

 藤井七段は、前期のC級1組では9勝1敗という好成績を収めたが、順位の差で昇級を逃した。今期は昇級を果たし、名人への階段を、また一つ上ることができるのか。注目の一戦だ。

 B級2組には、前期昇級した杉本昌隆八段(51)=藤井七段の師匠=を含め、25人が在籍する。藤井七段が昇級すれば、前期のC級1組で演じられた師弟での昇級争いが、一つ上のクラスのB級2組でも見ることができるかもしれない。

 対局は定刻の午前10時に始まった。先手番はあらかじめ決まっていて、藤井七段。持ち時間は各6時間。終局は夜になる見通し。

拡大する写真・図版第78期将棋名人戦・C級1組順位戦9回戦の高野秀行六段との対局で、初手を指す藤井聡太七段=2020年2月4日午前、大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

 日本将棋連盟の記録によると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら