[PR]

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、香港の医療当局は4日、感染が確認されていた香港人の男性(39)が新型肺炎で死亡したことを明らかにした。中国本土以外での死者は、フィリピンに次いで2人目。

 香港政府などによると、男性は1月21日に高速鉄道に乗って、感染が深刻な中国湖北省武漢市に行き、23日に香港に戻った。31日に発熱などの症状を訴えて入院し、その4日後の今月4日朝に死亡した。男性は持病を抱えていたという。同居していた母親(72)の感染も確認されている。

 香港では4日までに、死亡した男性を含む15人の感染が明らかになっている。(香港=益満雄一郎)