「巣撃滅」は強力すぎる? 対スズメバチ新商品巡り騒動

有料記事

小坪遊
[PR]

 襲われると死ぬこともあるスズメバチ。1月、「巣撃滅」をうたった新商品の発売が発表されると、ちょっとした騒動が起きた。どんな商品なのか。どう使うべきなのか。

 「強力すぎる」「生態系へのダメージが心配」。アース製薬が1月、エサタイプのスズメバチ駆除剤の発売を発表すると、ネット上には「手軽で助かる」といった反応の一方、駆除剤の効果への懸念も相次いだ。賛否両論が相次ぐ様子に「ハチの巣をつついたみたいだ」という反応もあった。

 同社によると、「巣に近づかずに安全に巣を駆除できる日本で唯一のスズメバチの巣駆除剤」。スズメバチを樹液の香りでおびき寄せ、フィプロニルという殺虫成分などを含むエサを巣に持ち帰らせて、他の働きバチに与えることで駆除する仕組みという。巻き添えを避けるため、ミツバチが嫌がる成分は配合しているが、養蜂をしているような場所での使用は避けるよう呼びかけている。

■スプレー式だと刺される恐れ…

この記事は有料記事です。残り955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。