拡大する写真・図版禁煙に成功した下谷泰三さんと、禁煙外来を担当した近藤有里子医師=京都市の京都市立病院

[PR]

 何歳になっても、禁煙を始めるのに遅すぎることはない。4月には受動喫煙を防ぐ法律が全面施行される。吸い続けてきた人には禁煙のチャンスだ。「今さらたばこをやめても、もう遅い」と思う人にとって、禁煙にはどんなメリットがあるのだろうか。

80代で禁煙に挑戦

 京都市の下谷泰三さん(81)は2019年4月、京都市立病院の禁煙外来を訪ねた。17年に胃潰瘍(かいよう)になって胃腸が悪くなり、せきやたんも気になってきた。中学の同級生30人ほどで集まっても、最近は喫煙者が下谷さんを含め2人だけ。友人2人が医療機関で禁煙に成功したことも、80歳になって禁煙外来に向かうきっかけになった。

 ただ、多い時は1日2箱、60年吸い続けて一度もやめようと思ったことはない。そう簡単にやめられないと思って、最初は乗り気ではなかった。「無理してやめたくはない。自然にやめられないか」

 禁煙治療を担当した近藤有里子医師(38)は、のみ薬を勧めた。貼り薬もあるが、すぐに禁煙が必要。のみ薬は最初の1週間はたばこを吸ってもよく、下谷さんに合うと考えた。ニコチン依存症の治療は保険適用されている。

 下谷さんは薬の影響で、たばこをまずく感じるようになったが、やめられなかった。標準的な禁煙プログラムは、12週で5回の外来に通う。最初の外来から1カ月後、3回目の外来でもたばこの本数は変わっていなかった。

 だが、近藤医師から「1カ月後…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら