拡大する写真・図版撮影した映像を確認するシタンダリンタ監督=2020年1月12日、大阪市北区、森岡みづほ撮影

[PR]

 大阪・ミナミに16歳の映画監督がいる。新作は1本のアコースティックギターを巡るドタバタ劇で、全編スマートフォンで撮影する。役者は地元のミュージシャンやバーのママらが口伝えに集まり、ギャラなしの「人情出演」。今春の上映に向け、ロケは快調だ。

 「よーい、はい」。1月中旬、大阪・梅田のライブハウスによく通る声が響いた。撮影機材は三脚で固定されたスマホと簡易な照明。監督のシタンダリンタさん(16)の手にメガホンはない。

 「せりふはもっとためて」「掛け合いはもっと早く」。演出、脚本、編集をこなすシタンダさんは、親子ほど年の離れた役者たちにてきぱきと指示を出す。

拡大する写真・図版撮影した映像を確認するシタンダリンタ監督=2020年1月12日、大阪市北区、森岡みづほ撮影

■大阪のミュージシャン…

この記事は有料会員記事です。残り1216文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。