拡大する写真・図版ソルトレーク・トリビューンが入るビル=鵜飼啓撮影

[PR]

 苦境が続く米地方紙で、生き残りをかけた新たな動きが出ている。共通するのは地域の支えを頼りにしている点だ。

 雪山に囲まれ、冬季五輪が行われたこともある米ユタ州ソルトレークシティー。市中心部にあるソルトレーク・トリビューン紙の本社を訪れると、オフィスの一角に空席になった机がずらりと並んでいた。

 インターネットとソーシャルメディアの広がりで、新聞社の経営は厳しい。ピュー・リサーチセンターによると、全米の新聞社編集局の要員は2006年の約7万4千人から18年には約3万8千人に減った。ソルトレーク・トリビューンは18年に編集局の3分の1の人員を整理、現在は30~40人規模だ。

 同社は昨年、大きな決断をした…

この記事は有料会員記事です。残り1838文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら