[PR]

 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、政府は4日、チャーター機で武漢から帰国した日本人に求めている、政府が手配した施設への2週間の滞在期間を10日に縮めると発表した。

 世界保健機関(WHO)が最新の知見で、新型コロナウイルスの潜伏期間を最長14日から10日と変更したことを受けた。政府は、10日間の滞在後、帰国者への再検査を行い、陰性が出れば、施設を出て、自宅などに戻れるようにするとしている。