「死ぬの待てということか」ベッドない、武漢患者SOS

有料記事新型コロナウイルス

今村優莉、上海=宮嶋加菜子
[PR]

 「本当ならあなたには入院してもらうべきだが、ベッドがない。自分でなんとかして」

 中国・湖北省武漢市に住む30代の女性は1月31日、受診先の病院で、医師にこう告げられたという。

 朝日新聞は中国のSNSで窮状を訴えた女性に電話で連絡を取り、取材した。

 女性によると、発熱が始まったのは1月24日。新型コロナウイルスによる肺炎の広がりが深刻になるなか、武漢市が市外への住民の移動を制限する「封鎖」を決めた翌日だ。

 25日、熱で頭がくらくらし…

この記事は有料記事です。残り991文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]