[PR]

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は4日午前、国会内にある立憲の控室の廊下に面した扉に、自身が論評を書いた新聞記事のコピーを張り出した。「出入り禁止」「くず」などと書かれたものもあり、午後にはコピーを撤去。安住氏は記者団に「ほんの冗談のつもりだった」と釈明した。

 張り出したのは全国紙など6紙の4日付政治記事など。前日の衆院予算委員会で野党質問を大きく扱った記事に花丸をつけたり、自民党の質問に着目した記事には「0点」「出入り禁止」などと書き込んだりした。

 報道各社が張り出しについて見解を聞いたところ、安住氏は「毎日読み込んで思うところあってペンが走ってしまった。深く反省している」と釈明した。自民党の森山裕国対委員長は張り出しについて記者会見で「報道を真摯(しんし)に受け止めることが基本だ」述べた。