[PR]

 バスやタクシーのターミナル施設「バスタ」について、国土交通省は全国の主要駅前で整備を進めていく方針だ。東京・新宿駅につくった「バスタ新宿」の利用が予想を超えているためだ。政府は4日、法的な位置づけを明確にし、整備しやすくするための道路法改正案を閣議決定した。今の通常国会での成立をめざす。

 バスタ新宿は2016年に開業した。国道20号に面する建物の3、4階部分にあり、新宿駅周辺19カ所に点在していた高速バスの停留所を集約した。バスやタクシーは国道20号から出入りする。国交省によると、昨年4月末時点の高速バスの利用者は1日平均約2・9万人。発着便数は1494便で、当初想定の900便を大きく上回っている。

 国交省は、バスタを国道の一部として整備している。高速バスの停留所を1カ所にまとめて、道路上に停車するバスを減らすことで、国道の渋滞を緩和する狙いだからだ。

 ただ、法的な位置づけがあいま…

この記事は有料会員記事です。残り576文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら