拡大する写真・図版中国・湖北省武漢市で4日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて急きょ建設された火神山病院が患者の受け入れを始めた=新華社

[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国国家衛生健康委員会は4日、死者が湖北省で前日の集計から64人増え、中国本土で425人に達したと発表した。感染者数は3200人以上増え、2万438人になった。

 一方、タイ保健省は4日、新たに国内で6人の感染が確認され、うち2人が日本への渡航歴のあるタイ人の夫婦だったと発表した。訪日した時期や日本での訪問先、訪日前から感染していた可能性などの詳細は明らかにしていない。

 香港当局は同日、新型肺炎に感染した香港人の男性(39)が死亡したと明らかにした。中国本土以外での死者は、フィリピンに次いで2人目。(北京=平井良和、バンコク=乗京真知)

10日で巨大病院建設も「焼け石に水」

 新型コロナウイルスによる肺炎が最初に発生し、猛威を振るう中国・湖北省武漢市。政府は患者の受け入れ態勢の強化を急ぐが、感染者の増加に追いついていないようだ。

 電話取材に応じた市内の女性によると、50代のおじは先月31日に新型肺炎の感染が確認されたが、ベッドが足りず4日になっても入院できないでいる。

 武漢市内の大学に勤める女性も「病院に行くたびに、たくさんの人がいるのを見る」と証言する。

 政府は武漢市で、新型肺炎の患者を専門に受け入れる二つの病院を突貫工事で建設。2日、病床数1千の火神山病院が完成し、5日には1600床の雷神山病院が完成予定だ。

 だが、それすらも「焼け石に水」という現状がある。

 市当局によると、3日夜の時点で新型肺炎の患者を受け入れている病院は28カ所。火神山病院も含め、統計上の病床数は計8199だが、すでに使用されているベッド数は計8279床に上る。廊下やロビーに簡易ベッドを用意して患者を受け入れている病院が複数あり、現場はすでにパンク状態にある。

 一方で感染者の増加は止まらない。

 3日、武漢市で新たに確認され…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら