[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に日本代表として出場し、8強入りに大きく貢献したラファエレ・ティモシー選手(28)=神戸製鋼=が4日、母校の山梨学院大グラウンドを訪れ、後輩たちに大きな拍手で迎えられた。

 サモア生まれのニュージーランド育ち。18歳で留学生として来日し、山梨県内で暮らした。4年のとき、同大の関東大学リーグ戦1部復帰に貢献。卒業後はコカ・コーラに加入し、日本国籍も取得した。

 W杯ではセンターとして、開幕戦のロシア戦から決勝トーナメント準々決勝の南アフリカ戦まで全5試合に出場。サモア戦でトライを決めたほか、アイルランド戦では福岡堅樹選手のトライにつながる絶妙なアシストを記録した。

 ラファエレ選手は、後輩たちを…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら