[PR]

 富士山御殿場口新6合目付近で遭難者を救助したとして静岡県警御殿場署は4日、いずれも神奈川県の大学生川口達也さん(22)と萩谷(はぎや)将成(まさしげ)さん(21)に感謝状を贈った。

 初日の出を見るため大みそかの夜から富士登山を始めた2人は、元日の午前4時50分ごろ、標高2820メートル付近で、ふらつきながら歩く男性を発見した。

 当時、気温は零下20度前後。男性は寒さで体が硬直していたという。「近づくと、ストックも持たない軽装備でぞっとした。昨年、動画を配信しながら滑落した人のことが頭をよぎった」。川口さんは振り返る。

 署によると、現場付近は富士登山で最も危険なエリアだという。署救助隊の渡辺浩行小隊長は「風が巻くことで、雪が飛ばされて斜度がきつくなり、地表がつるつるのスケートリンクのようになる」と話す。

 2人は滑り落ちそうな男性と自…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら