【動画】米大統領選、民主党の「新星」ブダジェッジ氏の横顔は?
[PR]

 11月の米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、アイオワ州同党本部は4日夕、前夜に行われた党員集会の途中段階の集計を発表した。62%の会場からの集計でピート・ブダジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)が26・9%の州代議員を獲得してトップとなり、25・1%のバーニー・サンダース上院議員(78)と競り合う。ジョー・バイデン前副大統領(77)は振るわず、大きな打撃となりそうだ。

 毎回のように全米で最初に行われるアイオワ州の党員集会は、今後の展開を占う大事なイベントと位置づけられている。会場ごとに各候補の支持者数に基づいて「州代議員」を配分する仕組みで、州党本部は今回、実際の支持者数も公表。こちらはサンダース氏が2万8220人、ブダジェッジ氏が2万7030人と逆転している。

 人口約10万人の地方都市で市長を務めただけのブダジェッジ氏に対しては「連邦レベルの経験がない」と大統領としての適性に疑問も出ていただけに、予想以上の健闘は大きな追い風となりそうだ。

 ブダジェッジ氏は4日、次に予備選が行われる北東部ニューハンプシャー州での集会で「次に何が起きるか分からないが、驚くべき勝利を収めたことは否定できない事実だ」と述べた。

 昨秋、全国的な世論調査の平均支持率で一時トップに立ったエリザベス・ウォーレン上院議員(70)は18・3%の代議員を獲得、支持者数は2万2254人でともに3位だった。

 一方、全国の平均支持率トップを維持してきたバイデン氏は15・6%、支持者数は1万4176人で4位と、想定を大きく下回った。オバマ政権の副大統領で圧倒的な知名度を誇り、トランプ大統領に「勝てる候補」と売り込んできたが、深刻な疑問符が付いた。今後早い段階で態勢を立て直せなければ、資金集めが行き詰まり、選挙戦を続けられなくなる可能性もある。

 アイオワ州の党員集会の結果は3日深夜から4日未明にかけて確定すると見られていたが、集計用アプリに不具合が発生。集計した数値に整合性がとれないものがあり、発表が遅れていた。民主党の州党本部は今回発表した数値について「確実な数字」と強調したが、結果の確定がいつになるかは明言を避けた。

 今後、11日にニューハンプシャー、22日にネバダ、29日にサウスカロライナの各州で予備選や党員集会が行われる。3月3日にはカリフォルニアやテキサスなど14州で予備選を行う「スーパーチューズデー」があり、候補者選びの大きな山場となる。(デモイン〈アイオワ州〉=鵜飼啓)