[PR]

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐる汚職事件を受け、IR推進に国民の理解が進んでいるかを問われ、「評価することは控えたい」と答弁を避けた。一方で、「国民の理解を得られるように努力をさらに重ねたい」と強調した。

 IR汚職事件で収賄罪で起訴された秋元司衆院議員=自民党を離党=が「立法事務費」の交付を衆院に申請したことをめぐっては、首相は「報道に出ていることは承知している。自民党から離党している方であり、個々の議員として判断されることだろう」と述べるにとどめた。

 立憲民主党の大串博志氏の質問に答えた。