[PR]

 旧国鉄時代からの懐かしい記念乗車券を展示した「鉄道記念乗車券の世界」が、福岡県直方市の石炭記念館で開かれている。市内の元郵便局員で鉄道マニアの遠藤伸治さんが長年にわたり集めたコレクションの一部。遠藤さんは昨夏78歳で亡くなり、遺族から寄贈された。今後、第2弾として写真展も検討されている。

 寄贈品は段ボール5箱分。記念乗車券だけでなく蒸気機関車(SL)や古い駅舎を撮影したネガやスライド、鉄道旅行の詳細な記録、新聞記事の切り抜きなどがぎっしり。館では公開第1弾として筑豊・北九州方面で1970年代から数年前まで発行された記念乗車券を中心に約200点を展示した。

拡大する写真・図版展示された記念乗車券=2020年1月24日午前11時1分、福岡県直方市直方の市石炭記念館、遠山武撮影

 直方駅の乗車券は開業80周年…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら