内田勝正さん(うちだ・かつまさ=俳優)が1月31日、肝細胞がんで死去、75歳。2日に家族葬を営んだ。

 千葉県出身。66年、劇団四季研究所入所。劇団「浪曼劇場」を経て、テレビドラマを中心に活躍。「水戸黄門」「大岡越前」「暴れん坊将軍」など、多数の時代劇に悪役として出演した。10年から日本俳優連合副理事長を務めた。