[PR]

 井村屋グループは5日、2020年3月期の業績予想を下方修正すると発表した。昨年の冷夏で主力商品「あずきバー」の販売が不振だったうえ、暖冬の影響で肉まん、あんまんの売り上げも落ちているためだ。売上高は28億円下げて440億円(前年比2・5%減)、純利益は7億円下げて5億円(同60・2%減)となる見通し。増収増益とした当初予想から、一転して減収減益を見込む。

 あずきバーシリーズの昨年4~12月の売上本数は前年同期比10%減で、同じ時期の肉まん、あんまんの売上高も10%減った。冨永治郎取締役は「当初は、あずきバーの不振を肉まんの売り上げでカバーするはずだったが、記録的な暖冬が痛手だった」と話した。

 同日発表した19年4~12月期決算は、売上高が前年同期比6・5%減の328億円、純利益は80%減の2億円だった。(石塚大樹)