[PR]

 早咲き河津桜の名所の一つ四浦半島がある大分県津久見市で、8日から「第8回豊後水道河津桜まつり」が開かれる。半島には約5100本の河津桜が咲き誇り、昨年はまつり期間中約8万4千人が訪れた。3月8日まで。

 同市内では、河津桜を皮切りに、青江ダム周辺の山桜や各地のソメイヨシノ、長目半島の大漁桜、彦の内や保戸島遠見山のボタン桜が、順次見ごろを迎える。

 市は新たに「つくみの桜 統一ロゴマーク」を制作した。風に運ばれているような数々の桜の花びらで、津久見の「つ」の字をかたどり、それぞれのピンク色をグラデーションで表現。桜の観光ブランド化を目指し、PRに活用していく。川野幸男市長は「多くの人に来ていただいて、津久見を楽しんでほしい」と話している。

 期間中、市内では様々なイベン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら