[PR]

 海に流れたり、海岸にたまったりしたプラスチックごみを、再生繊維にして、衣類やシューズ、バッグにする取り組みが出ている。未使用のプラスチックの利用を減らし、海洋プラごみの活用を目指す。

拡大する写真・図版漁のときに網に入ってくるプラスチックごみを漁船の上で仕分けるスペインの漁師=エコアルフ提供

 スペイン発のブランド「エコアルフ」は、漁師が海から引き上げたプラスチックごみを原材料にした生地で、衣類やスニーカー、バッグを製造、今年春から国内で販売を始める。

 エコアルフは2009年にハビエル・ゴジェネーチェさんが創業。漁の操業中に網に入るペットボトルや包装容器、海に流された漁網など、多様なプラごみを利用する。漁網は軽くて強度がある品質の高い生地になるという。繊維や生地の開発に約5年かけた。

 プラごみをリサイクルして素材を作ることで、製造工程で使う水を20%、エネルギーは40%削減、排出する二酸化炭素(CO2)は半減できると説明する。「廃棄された漁網から繊維を作ると化学的な工程は七つだが、石油からなら15ほどの工程が必要だ」とゴジェネーチェさん。スペインで約3千人の漁師が、漁の際に集めたプラごみを漁港に置かれたコンテナに入れ、それを回収している。15年以降で500トン以上を集めた。

拡大する写真・図版「エコアルフ」創業者のハビエル・ゴジェネーチェさん。ペットボトルや漁網の海洋ごみのほか、廃タイヤやリサイクルコットンも原材料に取り入れている=東京都新宿区の三陽商会

 エコアルフは、プラごみを回収…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら