[PR]

 トランプ米大統領に対する米上院の弾劾(だんがい)裁判で5日、与党・共和党のミット・ロムニー議員(72)が「権力の乱用」について「有罪」と判断をした。共和党から有罪としたのは1人だけだが、ロムニー氏は2012年の大統領選で共和党候補となった重鎮だけに、波紋を広げている。弾劾裁判で、大統領と同じ党に所属する上院議員が有罪と判断したのは初めて。

 議員たちが評決に入る約2時間前、ロムニー氏は上院本会議場で意見を表明した。「私は信心深い。信仰こそが自分が自分であるための中心にある」と語ると約10秒間、言葉に詰まり、肩がわずかに震えた。

 そして「憲法が上院議員に答えを出すよう課した重大な問題は、大統領の行為が、『重大な罪または軽罪』にあたるほどひどいものかどうかだ。イエス。彼はやった」と続け、トランプ氏の行為は罷免(ひめん)に相当すると明言した。

 弾劾裁判では、トランプ氏が今年の大統領選でライバルとなる可能性がある民主党のバイデン前副大統領に打撃を与えようと、ウクライナに対してバイデン氏に関する疑惑を調査するよう求めたことの是非が問われた。トランプ氏はこれまで、自分の行為は「何も悪くない」と主張している。

 これに対し、ロムニー氏は「大統領の目的は、個人的であり政治的だ。大統領には、国民の信頼を明確に裏切った罪がある」と批判した。評決でも、ロムニー氏は「権力の乱用」について有罪を投じた。一方、下院の弾劾調査に協力しなかったことをめぐる「議会の妨害」については「無罪」とした。

 共和党内で高い支持率を誇るト…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら