[PR]

 せきやくしゃみをしたときに思わず下着をぬらしてしまったり、トイレまで間に合わずにオシッコを漏らしてしまったりする症状を尿失禁と言います。女性に多く、加齢とともに患者さんが増えます。成人女性の約25%、つまり4人に1人は尿漏れの経験者です。

 尿失禁は大きく分けて腹圧性と切迫性の二つがあります。

 腹圧性尿失禁はせきやくしゃみのほか、笑ったり重いものを持ち上げたりするなどしておなかに力が入る時に起こるものです。尿道を締める骨盤底筋という筋肉が緩んだため、おなかに圧力が加わったときオシッコが漏れてしまうのです。

 切迫性尿失禁は尿意を感じてトイレに行くのですが、間に合わずにオシッコが漏れてしまう状態を指します。冷たいものに触れたときや水の音を聞いたとき、急に強い尿意をもよおしてトイレが間に合わないことはありませんか。前回お話しした「過活動膀胱(ぼうこう)」と呼ばれる病態に伴う症状です。腹圧性と切迫性の尿失禁が合わせて起こる混合性の尿失禁もあります。

 尿失禁の診断では、まず「どのタイプの尿漏れなのか」を各種検査の結果から判断します。問診を行い、どのようなときに尿が漏れるのか尋ねます。尿漏れの量や1回排尿量、1日の排尿量、排尿時間なども聞き、場合によっては排尿日誌をつけてもらいます。妊娠・出産歴、服用薬、かかったことのある病気、生活習慣も尋ねます。尿検査や、骨盤底筋群の筋肉の動きを診察するための内診、尿もれ用パッドをあてて尿失禁を誘発する動作をしてもらい失禁量を計測する尿失禁テスト、超音波検査などの簡易検査で診断をします。

 必要に応じて尿道から膀胱の中に細い管を入れて膀胱機能を調べる検査や膀胱の形態を確認する膀胱造影検査などを行います。原因がわからないときは脳や脊髄(せきずい)の画像検査を行うこともあります。

 尿失禁の治療については、腹圧性と切迫性尿失禁に分けて説明します。

 腹圧性尿失禁は、尿道を締める骨盤底筋が緩んだために生じた状態です。軽症の場合は、骨盤底筋体操で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くすることで、改善が期待できます。骨盤底筋体操は、肩やおなかの力を抜いてリラックスした状態で、トイレでオシッコを途中で止めるように肛門(こうもん)、膣(ちつ)、尿道を締めます。お通じやおならを我慢する要領です。

 おなかに余分な力が入らないように肛門、膣、尿道だけをきゅっと締め、ゆっくりゆるめます。できればゆっくり五つ数えるまで締めた状態をキープします。この体操を1日4~5回、繰り返してください。テレビを見ながら、いすに座って、お風呂の中で、どこでも出来る体操ですのでさっそく今日から始めてください。尿失禁がなくなっても続けることが大切です。

 また、肥満や便秘も尿失禁にはよくありませんから注意が必要です。もし体操や生活習慣改善だけでよくならない場合にも薬や手術による治療がありますので心配はありません。

 切迫性尿失禁の治療は、膀胱の過剰な働きを抑えるために内服薬による治療を行います。症状によって薬の種類や量を調整することが必要となりますので、専門医とよく相談してください。また骨盤底筋訓練や、尿を我慢することで蓄尿症状を改善させる膀胱訓練などの行動療法を併用していきます。そのほか、普段の摂取水分量が多い人に対しては飲水量の調整を行うこともあります。

 尿失禁で悩んでいる人は実は多いのですが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。ひとりで悩まないでお気軽にご相談ください。尿失禁の状態や原因に応じてきちんとした治療法がありますので、我慢せずに泌尿器科を受診しましょう。(弘前大学医学部附属病院講師 山本勇人)