[PR]

 動かない全身は冷え切っている。雪国・長野で真冬の夜、車いすで駅前に立ち続ける。「寒いほうが、人のぬくもりを感じられるでしょ」。こぼれた笑顔のすぐ下にぶら下がる看板にはこうあった。「俺とハグか握手をして下さい」

拡大する写真・図版首から看板を下げ、車いすで駅前に立つ井出今日我さん。なかなか止まってくれる人はいない。それでも目を合わせようと、一人一人を目で追う=2019年12月20日、長野県上田市のJR上田駅前、田中奏子撮影

 昨年12月中旬の午後6時。井出今日(きょう)我(が)さん(29)は、地元のJR上田駅前(長野県上田市)にいた。街頭でハグ(抱擁)を呼びかける「フリーハグ」を始めたのは、ちょうど1年前。これまで上田や長野の駅前に10回ほど立ち、握手やハグをした人は170人以上にのぼる。

難病の筋ジストロフィーの男性。フリーハグを続ける理由には、日々の悔しい経験も関係しているといいます。活動を通して伝えたいこととは。

 5歳のとき、全身の筋肉が徐々…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら