拡大する写真・図版国籍の新ルールに抗議をして、座り込みをする女性たち=ニューデリー郊外、奈良部健撮影

[PR]

 国民だと証明できる文書がなければ、国民とは認めない――。そんなルールは当たり前のこと? いや、インドでは、そうじゃない。猛反対する国民が大勢いるのだ。

 ニューデリーの主婦シーマさん(35)は新ルールに衝撃を受けた一人。

 「このままでは国外追放される」と。

拡大する写真・図版抗議デモの参加者たち。親子で参加する人が目立った=ニューデリー郊外、奈良部健撮影

 新ルールは「国民登録簿」制度。2015年に北東部のアッサム州で登録申請が始まり、いずれ全国導入される見通しだ。インドでの居住歴を文書で証明するなどして、国民登録を義務づけている。登録しなければ収容所に入れられたり、国外追放されたりする。

 ニューデリーの貧しい家庭に生まれたシーマさんは、親が役所に出生届を出していなかった。そのため、自分のことを証明する公的文書を持っていない。

 同様に、出生を届けていない人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら