[PR]

 ふつうの治療ではなかなかよくならない病気に対処するため、研究が続けられている再生医療。最近は人間だけでなく、イヌやネコといった伴侶動物にも試みられている。技術が着実に進む一方、人間に対してみられるのと同様に、効果が不確かなのに高額で実施されている例もあるという。動物への再生医療はどこまで期待できるのか。

    □

 再生医療といえば思い浮かぶのがiPS細胞(人工多能性幹細胞)。培養でどんどん増やせて、さまざまな細胞や組織に育てられる。最近、日本大や慶応大のグループが「治療に使えるイヌiPS細胞」をつくった。

 イヌiPS自体は、すでに10年ほど前に報告されているが、あくまで人間での医療に向けた研究が目的だった。従来はウイルスを使って特定の遺伝子を組み込んでつくられていて、もとの遺伝子が傷つきやすく、細胞のがん化などの可能性が指摘されていた。

拡大する写真・図版間葉系幹細胞をイヌのおしりに注射する獣医師=長野県小諸市のさくら動物病院、田村建二撮影

拡大する写真・図版がんになりにくく、治療に使っても安全性が高いとされるイヌiPS細胞(日本大提供)

 日本大の枝村一弥准教授たちは、ウイルスを使わない手法で細胞に遺伝子を組み込むなどして、安全性を高めた。「イヌの再生医療研究にはずみを付けたい」と枝村さんは語る。

 医学研究の対象としてのイヌは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら