[PR]

 大分県の津久見湾で養殖したクロマグロのおいしさを味わってもらおうと、工夫を凝らした料理を取りそろえた「つくみ産本まぐろ~ヨコヅーナ~フェア」が、津久見市内の飲食店で開かれている。4月5日まで。

 料理に使うマグロは、水産会社「兵殖」(同市高洲町)が育てたブランド品「豊後まぐろヨコヅーナ」。水温の寒暖差があって潮流の速い津久見湾で、餌やいけすにこだわって養殖しており、上質な脂が乗った大トロが特徴だ。

 各店のメニューは、汐(しお)の音の「ぜいたくまぐろ丼」(2千円)や「つくみんマグロ」(1600円)、浜茶屋の「ヨコヅーナ膳」(3300円)や「大トロ寿司2貫」(1100円)、カフェ鍋もくれんの「ヨコヅーナ丼」(1600円)や「豊後まぐろヨコヅーナ丼セット」(2200円)など。

 料理を提供する6店と菓子店など5店では、食事や買い物をしてスタンプ2個を集めて応募すると、食事や商品券が当たるスタンプラリーも開かれている。問い合わせは津久見まぐろ研究会(0972・82・5111)へ。(佐藤幸徳)