[PR]

 私立旭川大学の市立化を目指してきた北海道旭川市の西川将人市長は6日の記者会見で、市立化を進めることを正式に表明した。「2022年度に開学し、24年度に新学部を設置したい」と述べ、新年度予算案に関連費用を盛り込んだ。今後、市議会で市立化の可否が審議される。

 西川市長は会見で、「(市立化で)安定的な大学運営をし、より多くの学生を集め、地域活性化につなげたい」とした。20年度の予算案では市立化に向けた事務費として130万円を計上した。

 西川市長はこれまで市立化を目指す考えを表明していたが、課題整理をしたうえで判断するとして、最終的な判断は示していなかった。会見を受けて、旭川大の山内亮史学長は「これから文科省などとの課題調整について、最大限、市へ協力し、スムーズな移行を進めたい」と、移行を歓迎するコメントを出した。

 20年度は新学長候補者の決定…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら