[PR]

経済インサイド

拡大する写真・図版ホテルオークラ東京を建て替えた「ジ オークラ トーキョー」のロビー。かつてのロビーの寸法や意匠の素材などをデータ化し、再現された=2019年9月6日午後、東京都港区、仙波理撮影

拡大する写真・図版リニューアルした「The Okura Tokyo」。右がプレステージタワー、左がヘリテージウイング=2019年9月6日午後、東京都港区、仙波理撮影

 東京・虎ノ門に昨秋開業したホテル「The Okura Tokyo(ジ オークラ トーキョー)」に、建て替え前のホテルオークラ東京・旧本館のロビーが再現された。

 新たなロビーは41階建ての「オークラ プレステージタワー」と名付けられた高層ビルに入る。5階にあるホテルの入り口から右に進むと、目の前にロビーが広がる。

 天井には「オークラ・ランターン」と呼ばれる特徴的なつり下げ式の照明が2列。周囲より4段低くなった空間には梅の花を模した机があり、それを囲むように赤、黄、黒の3色の椅子が並ぶ。

日本の「伝統美」生かす

 かつてのロビーが作られた旧本館は東京オリンピックの2年前、1962年に開業。「日本の伝統美を生かしたホテルに」というホテルオークラ東京の創業者、大倉喜七郎の思いを、設計委員長を務めた建築家の故・谷口吉郎が形にした。ロビーには、日本の伝統技術が意匠に多く使われ、多くの人に愛された。

拡大する写真・図版かつてのホテルオークラ本館のメインロビー。「オークラ・ランターン」と梅の花を模したテーブルと椅子が特徴だった=2015年8月11日、東京都港区、日吉健吾撮影

拡大する写真・図版かつてのホテルオークラ本館に入ってすぐのメインロビー。「オークラ・ランターン」が出迎えていた=2015年8月11日

 だが開業から約50年がたち、設備は老朽化。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催も決まり、訪日客の増加が見込まれるなか、建て替えが決まった。14年春のことだった。

 15年8月の閉館が迫ると、国…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら