[PR]

 カフェや宿泊施設などにある本棚を「図書館」として登録し、本の貸し借りや人の交流を促す取り組みを奈良県吉野町が始めた。蔵書管理サイト「リブライズ」を使った無料サービス「吉野まちじゅう図書館」だ。これまでに15施設を登録。23日に「図書館」の作り方などを手ほどきする特別企画がある。

 リブライズは「バーコードリーダーがあれば、誰でも簡単に本棚を図書館にできます」との触れ込みで、街中の施設や店舗にある本棚を「図書館」として登録できるサイト。フェイスブックのアカウントでログインする。

 貸す側が本のバーコードを読み取って登録すると、「吉野まちじゅう図書館」(https://librize.com/yoshino-libraries別ウインドウで開きます)のウェブページに、「図書館」として場所や蔵書の一覧が公開される。借りる側はスマートフォンなどに表示されるバーコードを「図書館」で提示。貸す側がこれを読み取ると、貸し出し履歴が記録される。

 町には町中央公民館に図書室(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら