[PR]

 湖北省武漢市の病院で7日未明、眼科医の李文亮氏(33)が新型コロナウイルスによる肺炎で死去したと、所属する病院がネット上で公表した。李氏は昨年12月末に、市当局が「原因不明の肺炎患者発生」を発表する以前から、「市場で重症急性呼吸器症候群(SARS)が確認された」などとネット上で警告した。警察当局は「デマを流した」として事情聴取した。(北京=西村大輔)