[PR]

 厚生労働省は7日、横浜港に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客乗員で171人分の検査結果が判明し、新たに41人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。うち35人が60代以上で、日本国籍は21人、米国籍8人、豪州とカナダ国籍がそれぞれ5人など。東京と埼玉、千葉、神奈川、静岡の5都県の医療機関に搬送する。

 乗員乗客約3700人のうち、対象となった273人の検査が出そろった。感染者は計61人になった。うち1人が重症という。

 新型コロナウイルスについて相談できるコールセンターの電話について、厚生労働省は7日、無料で通話できるフリーダイヤルに変更した。電話番号は(0120・565653)で、土日祝日を含め午前9~午後9時に受け付けている。

 厚労省は、新型ウイルスへの不安に対応するため、1月末にコールセンターを開設。症状に対する不安や予防法、消毒法や渡航に関する相談が多いといい、2月5日までの9日間に約5800件の相談があった。厚労省によると、さらに多くの人に利用してもらうため、フリーダイヤルにすることにしたという。