拡大する写真・図版西武の山川は今季、清原や中島、浅村らがつけた背番号3に変わった=南郷

[PR]

 2018、19年と2年連続でパ・リーグ最多本塁打のタイトルを獲得した西武の山川穂高が、打撃フォームの改造に取り組んでいる。昨年と比べて右肩よりにバットを構え、左足の上げ幅も小さい。練習を眺めていると、やりたいことが垣間見えてくる。

 西武のキャンプ地・宮崎県日南市南郷町。山川は打撃練習で、いとも簡単に柵越えしていた。新しいフォームから放たれた打球は、左越えだけでなく、右中間フェンスも軽々と越えていった。

 この右中間への打球に、今年の山川はこだわっている。昨年よりバットを1センチ短くした。確実性を求め、打率を上げるためだが、そこは長距離打者。「広角に打てれば、その分ホームランも増える」と考える。「いろんなホームランバッターの映像を見ても、右バッターは特に右中間に打っている。僕もエリアを広げたい」

 逆方向に本塁打を打てる打者の例として、山川はバレンティン(ソフトバンク)やソト(DeNA)の名前を挙げた。3人が昨季放った本塁打のうち、右中間から右方向に運んだ本数は次の通りだった。

 山川(43本塁打)…右中間か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら