[PR]

 大阪府寝屋川市で2017年、住宅内のプレハブの小部屋に長女の柿元愛里さん(当時33)を監禁し凍死させたとして、監禁と保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親の泰孝被告(57)と母親の由加里被告(55)に対する裁判員裁判の初公判が7日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で始まった。両被告は「愛里を監禁するつもりはなかった。愛里が命に関わるような危険な状況とは思いもしませんでした」などと述べ、起訴内容を否認した。

 起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁。17年12月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1・6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度は10~12度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ、体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

 一方、弁護側は冒頭陳述で、小部屋は愛里さんの療養目的だったと反論。愛里さんが自閉症に加えて統合失調症を患い、自傷行為に及んだり、叫んだり、暴れたりするので苦しまないようにする必要があり、症状が安定するのではないかと考えて小部屋で生活させたと説明した。また、愛里さんは体調不良を訴えていなかったと述べた。

 両被告は17年12月23日、愛里さんが亡くなっていると府警寝屋川署に届け出た後、愛里さんの遺体を自宅に放置したとする死体遺棄容疑で逮捕された。同署の当時の発表によると、両被告は「娘がかわいくて自宅に置いておきたかった」などと話したという。大阪地検は監禁と保護責任者遺棄致死の罪で起訴し、死体遺棄容疑については不起訴とした。

 寝屋川市教育委員会は事件を受け、18年度から普段は授業をサポートするなどしている元教員らに依頼し、環境の変化が大きい小中学校の1年生らを対象に夏休みに家庭訪問をしたり、電話で生活状況を聞いたりしている。

 家族に対する監禁事件では、兵庫県三田市で18年、知的障害のある男性が自宅に建てられたプレハブ小屋の中の檻(おり)に閉じ込められる事件が発覚。父親が監禁罪で有罪判決を受けた。(米田優人、遠藤隆史