[PR]

 中国・武漢市(湖北省)で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、帰国を希望する湖北省在留の日本人と中国籍の配偶者ら計198人を乗せた日本政府のチャーター機第4便が7日午前、羽田空港に到着した。日本国籍以外の人が搭乗するのは今回が初めて。第4便を含め、チャーター機での帰国者は計763人になった。

 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で「湖北省内に在留する邦人のうち、帰国を希望する大部分の方の帰国が実現した」と述べた。現時点の帰国希望者は数人で、帰国を希望していない人も数十人ほどいると説明。菅氏は「帰国を希望される邦人については、全て帰国できるように対応していきたい」と語った。

 政府側の説明によると、第4便で帰国した198人の国・地域別の内訳は日本119人、中国77人、台湾2人。年代別では6歳以下が51人、60歳以上が9人という。主に武漢市外の湖北省の在留邦人が中心で、武漢市内80人、武漢市以外の湖北省は118人だった。帰国者のうち、検査後、症状がない人は埼玉県和光市の税務大学校和光校舎に経過観察のため、滞在する。

 菅氏は会見で、第4便のチャー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら