宮内庁は7日、右目の白内障の手術のために入院していた三笠宮妃百合子さま(96)が、同日退院したと発表した。経過は順調だという。

 同庁によると、百合子さまは4日、東京都中央区の聖路加国際病院に入院し、5日に手術を受けた。96歳と高齢であることなどを考慮し、退院は手術から2日後の7日になった。