拡大する写真・図版元ラグビー日本代表の山田章仁はマイクや三脚を持ち歩いているという

[PR]

 自ら動画を配信する「YouTuber(ユーチューバー)」のアスリートが存在感を増している。練習風景や私生活を紹介し、新たなファンを獲得したり競技の面白さを解説したり。文字より映像の方が動きを説明しやすく、ファンに直接メッセージを届けられるのが魅力という。選手への注目度が高まる東京五輪・パラリンピックは発信力を高める絶好機。引退後のセカンドキャリアにも生きると専門家は指摘する。

拡大する写真・図版元ラグビー日本代表の山田章仁は自分のスマートフォンを使って、様々な動画を撮りためている

 ラグビー元日本代表の山田章仁(NTTコム、34)は昨年11月、「ユーチューバー宣言」をした。これまでもブログやツイッターで情報発信してきたが、「誰もが自分の意見を発信できる時代。現役選手でいるうちに様々な形で思いを伝えたい」。カメラや三脚を購入し、デジタルに強いチームメートらに編集協力を仰いで動画を作成。ワールドカップの日本代表選手たちを紹介する「ありがとう企画」などが好評を博す。

 ユーチューバーになるために必要なのは「わずかな勇気」という。「チームに迷惑をかけないように、伝えたいことを伝えればいい。半分は自己満足。選手が意見を言うな、という風潮が以前はあったけど、アスリートの発信を受け入れる環境は整ってきた」

 柔道のリオデジャネイロ五輪男…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら