北海道電力は31日、3月から首都圏で家庭向けの電力販売に参入すると明らかにした。道内の家庭向けの割安な料金プランも発表。電力自由化で顧客の流出が続いているが、反転攻勢につなげたい考えだ。

 電力販売は2016年4月に全面自由化されたが、北電が道外で家庭向けの販売に乗り出すのは初めて。対象エリアは東京電力管内の1都8県。転勤や進学で首都圏に移り住んだ人を中心に、北電の電気を買ってもらえるように売り込む。

 ただ、首都圏では新電力に加え、関西電力や中部電力など大手電力もしのぎを削っている。詳しい料金プランは今後発表するが、北電の藤井裕社長は会見で「北海道の特色を生かした、付加価値があるものを考えたい」と述べた。

 一方、道内でも北海道ガスなど…