[PR]

 プロ野球阪神は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月のキャンプ中に1軍の沖縄・宜野座、2軍の高知・安芸で行われる練習試合でのジェット風船を使用した応援の自粛を呼びかけた。

 また、沖縄と高知で開催予定のビジターでの練習試合、オープン戦でも、阪神ファンにはジェット風船の使用を控えるように求めた。阪神ファンの間では、七回の攻撃前などにジェット風船を飛ばす応援が定着しており、この時期の試合でも、数は少ないながらもジェット風船が舞うという。

 宜野座村役場と相談して対応を決めたという球団の担当者は「感染経路は不明ですが、リスクを軽減するため。キャンプ後の対応は今後の推移を見て判断したい」と話した。