[PR]

 ボコッと盛り上がった二の腕に、Tシャツの上からでも隆起が分かる背中……。身長157センチと小柄なのに、胸囲は100センチ、腕回りは37センチもある。体操選手の中でもひときわ際立つ神本雄也(25)の筋肉は、テレビ番組で「美筋」と称されたこともある。

 「鏡を見ると『あ、こんなに腕、太いんだ』と思うことはあります。一番自信があるのは、広背筋(背中の筋肉)。ほかの人より圧倒的にでかいって言われます」。にやりと笑う。

 その広背筋が最も生かされるのが、つり輪の力技だ。輪の高さで体を地面と水平に保つ「中水平」。国内トップレベルでも足先が少し下がってしまう選手も多い中、神本のそれはまっすぐ伸びる。伝統的に日本が苦手な種目で得点を稼ぐ、団体では貴重な存在だ。

 2010年、高校1年生で出場…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら