[PR]

 佐賀市の保育園に、遠く青森からリンゴが贈られた。7日、市保健福祉会館(兵庫北3丁目)で贈呈式があった。

 「なかよし保育園」(諸富町)の園児約20人に、送り主・JA青森の成田幸信・代表理事常務が「日本一おいしいです。食べて元気もりもりになってください」とあいさつ。園児の代表に真っ赤なリンゴを手渡した。

 JA青森と佐賀青果市場が長年、リンゴの取引をしている縁で、佐賀市の保育園や幼稚園に毎年リンゴを贈っているという。今年は107箱(4280個)の「サンふじ」を、市内57の保育園や地域型保育施設にプレゼント。リンゴは園児に1人1個ずつ配られる。

 JA青森の担当者は「昨年は雨が少なく実は小ぶりだが、糖度の上がったおいしいリンゴです」と話した。(福岡泰雄)