[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は7日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大をめぐって記者会見し、マスクなど個人が身につける医療用の保護具について、「需要がふだんの100倍、価格も最高で20倍にもなっている」と述べた。世界的に品薄になっている状況に懸念を表明。中国で最前線の任務に当たる医療従事者が大量に必要としていることも強調した。

 テドロス氏は、マスクなどの保護具は在庫が減少しているとし、「WHOや協力組織が必要とする数に足りない」と語った。

 WHOは世界経済フォーラム(本部ジュネーブ)が設けた官民連携のグループを通じ、必要な人に行き渡るよう供給網に関係する会社などに要請した。また「感染が広がっていない地域での備蓄は好ましくない」との考えを表明したうえで、不当な価格のつり上げなどを防ぐため国際社会が結束するよう求めた。

 一方、横浜港沖のクルーズ船の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら