[PR]

 世界に脅威をもたらしている「新型コロナウイルス」の検出が発表されてから、1カ月が経つ。中国の感染者は今も一日に3千人以上のペースで増え続けている。感染のピークはいつやってくるのだろうか。

 1月28日、2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際、対策の陣頭指揮をとった医師の鍾南山(チョンナンシャン)氏はこう予測していた。

 「1週間から10日後くらいにピークが来て、それ以降は(感染の)大規模な増加はないだろう」

 この通りなら、ピークは「2月4~7日ごろ」となるが、まだ中国本土の感染者数の伸びが鈍化する気配は見えていない。

 8日に中国政府が発表した全土の感染者数は3万4546人。前日からの増加人数は、5日連続で3千人を超えた。感染の「疑い例」も右肩上がりで伸び続けており、2万7千人以上になっている。

 感染者の増加分の内訳をみると…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら