[PR]

 欧州以外の国・地域で争う大会、フィギュアスケートの四大陸選手権は8日、第3日が韓国・ソウルであり、女子フリーで、全日本女王でショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大ク)が151・16点の合計232・34点で2連覇を飾った。SP5位の樋口新葉(明大)は134・51点で合計207・46点の4位で、SP4位の坂本花織(シスメックス)は129・72点の合計202・79点で5位だった。

 最終日の9日は男子フリーがあり、SP1位の羽生結弦(ANA)が初優勝を狙う。

武器のトリプルアクセルが…

 ピンチでも紀平梨花(関大ク)は冷静だった。今季、安定感がグッと増した武器のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプ。フリーの構成には2本を予定していたが、その1本目が1回転半になった。「1本目がシングルになって焦りがあった」

 このミスで失った点数は小さくない。どう挽回(ばんかい)すれば良いか。紀平は滑りながら考えていた。

 そして、演技後半の構成を瞬時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら