【動画】滋賀のゆるキャラ「キャッフィー」 着ぐるみ新調の寄付呼びかけ=筒井次郎撮影
[PR]

 滋賀県内で2024年に開かれる国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会(国スポ・障スポ)のマスコット「キャッフィー」の着ぐるみの新調に必要な費用80万円を、県が募っている。取材に応じたキャッフィーは「ぜひお願いしますっふぃー」と呼びかけた。

 琵琶湖の固有種ビワコオオナマズがモチーフで、ナマズの英語名「キャットフィッシュ」が名前の由来だ。2007年に誕生し、翌年に県内で開かれた全国スポーツ・レクリエーション祭のPRに活躍した。

 17年、幼なじみというキャラクター「チャッフィー」と国スポ・障スポのPRを担うことが決まった。

 着ぐるみは3体ある。1体は今年度予算で新調したが、残りは誕生時のまま。様々な催しへの出演で白色はくすみ、傷みも目立つ。もう1体だけでも新調したいが、厳しい財政事情のため寄付で賄うことにした。

 寄付は、今月1日からインターネットで募るクラウドファンディングで始めた。募集サイト(https://camp-fire.jp/projects/view/225343別ウインドウで開きます)では「疲れ果てて、体がボロボロに」の説明文と「もう、ダメだ…」とうなだれるキャッフィーの写真が、同情を誘っている。

 締め切りは3月30日。2千円以上の寄付は、県へのふるさと納税として控除の対象になる。返礼品は5万円未満は缶バッジ(県外のみ)とお礼状。5万円以上は県内在住の先着10人にキャッフィーらが直接訪問してお礼を伝える。キャッフィーが出演する催しでも募金箱で受け付ける。

 問い合わせは県国スポ・障スポ大会課(077・528・3321)へ。(筒井次郎)