[PR]

 いま、100人に1人の母親が双子や三つ子などの多胎児を出産しています。かわいいけれど育児の負担も2倍3倍。そのうえ、ベビーカーでバスにも乗れないとは。自分が味わった苦悩を繰り返さなくてすむように、と親自身が動き、つながり始めています。支えるためのヒントを探ります。

都営バス「乗りたい」 大型ベビーカー断られ 知事に要望

 1月31日午後、東京都庁(新宿区)7階の特別応接室。中央区の秋沢春梨さん(36)は1歳10カ月の双子と席につき、横に席が並んだベビーカーを目の前に置きました。

 昨秋、多胎児家庭の声をウェブアンケートで集めた子育て支援NPO「フローレンス」の市倉加寿代さん、もう1組の双子の親子らとともに小池百合子知事に面会。秋沢さんは、都が打ち出した多胎児家庭への支援策に感謝を述べ、都営バスにそのまま乗りたいと要望しました。

 秋沢さんは約1年半前、子どもの通院のためベビーカーで都営バスに乗ろうとしたら、運転手に断られた経験があります。子2人と荷物を抱え、ベビーカーを1人で畳むのは大変。「どうすれば」と聞くと、運転手は「交番に行ってみれば」……。

 都交通局にメールで改善を訴えましたが、約1カ月後に来たのは定型文の返事。同様の経験をした知人たちもそれぞれ意見を出していますが、状況は変わりません。でも昨秋、市倉さんが都に要望を伝えに行く際にアンケートの回答者の同行を求めていると知りました。

 アンケートに回答していた秋沢さん。悩みましたが、「直接意見を伝えられるなら」と市倉さんに同行し、都議たちと会い、その後、顔を出して会見にも出ました。

 昨年12月の都議会で多胎児支援が取り上げられ、都は4月から子どもの健診時などのタクシー代補助や、産後の家事・育児支援、相談事業、ベビーシッター利用補助などを始めます。ベビーシッターは、3歳になるまで1人当たり月16時間の利用料金を1時間2500円まで補助できるようにもします。

 ただ、バスの問題は未解決。面会で小池知事から「折り畳むのはどうやるの?」と尋ねられた秋沢さんは、重たいベビーカーを折り畳んでみせ=写真=、元に戻す時は体のバランスを崩してよろけそうになり、同席していた都議が手助けした一幕もありました。「産んだのだから、という責任論が母親に対して言われています。でも、子どもに罪はない。公共交通機関とおっしゃるからには、まず都バスから乗せて頂きたい」と語りました。小池知事は「一定の安全を確保した上で折り畳むことなく乗車できるように、国や関係団体などと調整を進めて参ります。普通に移動できるような環境をつくっていきたい」と答えました。

 SNS上では、多胎児育児の苦しさやバスや電車への要望を訴える声に対し、批判する書き込みもあります。秋沢さんは「多胎児の家庭と接したことがないのでは。困っている人が目の前にいたら、無視できないはず。双子用ベビーカーで出歩く人が増え日常的な風景になれば、世間の空気も変わっていくと思いたいです」と話します。

国「対応を考える」

 ベビーカーごとバスや電車に乗せてほしい――。親たちの要望が高まっていた2014年、国土交通省は交通事業者や有識者などと協議し、ベビーカーは折り畳まずに乗車することが基本、としました。でも2人乗り用ベビーカーは、そうはいかない場合も現状あるようです。

 東京都が運行する都営バスは、車内ポスターで「2人乗りなどの大型ベビーカーの場合」は折り畳むようお願いする、と記しています。都交通局は「大型でもそのまま乗ってもらう時はある」。折り畳むよう求めるのは「通路をふさいだり、車内で転回できなかったりするサイズ」と説明します。

 安全確保のため、国交省はベビーカーを車内で後ろ向きに固定するよう求めていますが、そのためには向きを変えられないといけないから、だそうです。また車内の通路は1メートルほどの幅。幅約80センチの横型ベビーカーで実験したところ、他の人の通行の妨げになった、といいます。

 2人乗りベビーカーのタイプのうち、スリムなのは座席が縦型に並んだものですが、前席が後部座席ほど後方に倒せない、後ろの子は景色が見えにくいといった点もあり、子どもの様子が見やすいなどの理由から横型の人気は高いです。幅約70センチの横型もありますが、都営バスは厳密に何センチ以上がだめ、と決めていません。運転手が混み具合なども加味し、その都度判断するといいます。

 同局は、親たちの要望が相次ぎ、都議会でも改善を求められたことなどから、国交省に「大型ベビーカーの統一した取り扱いを議論してほしい」と伝えているそうです。

 国交省も、声を重く受け止め「乗れなかった例について、どんな事情があったのか検証したい」と話しています。「バスの車体は日本の狭い道を走るために設計されている事情もある。課題を乗り越えるため、どんな対応ができるか取り組んでいきたい」といいます。

「苦行」経験 助言を本に

 妻の双子妊娠がわかった時、喜びより不安の方が大きかった……。自分の経験から、多胎育児家庭が直面する困りごとに助言する本を出版することにした父親がいます。NPO法人育て上げネットの理事長、工藤啓さん(42)。話を聞きました。

 8歳、6歳の長男次男と4歳になる双子の男の子がいます。妻からLINEで双子の妊娠を知らされたとき、一瞬頭が真っ白になりました。妊娠中のリスクや、2人を同時に育てる生活について、具体的なイメージが湧かなかったからです。

 実際、妊娠から出産、子育てにかけて、それまで経験しなかった試練がいくつもありました。例えば出産後の病院通い。低体重で生まれた多胎児は、母親の退院後も新生児集中治療室(NICU)などに残ります。我が家の場合、2日に1日、搾乳した母乳を届ける生活が1カ月間続きました。

 妻の身体は出産のダメージでぼろぼろ。病院は家から遠く、僕が車で妻を乗せて通いました。でもこの時、僕が育休を取れなかったら? 妻はバスや電車で通わなければならなかったかもしれません。

 子どもの成長段階に応じ、どんな困りごとが起こりうるのか。それが見通せれば、事前に話し合ったり、工夫したりして負担を減らせるだろうと思っていた時、愛知県豊田市で生後11カ月の三つ子の次男を床にたたきつけ、死なせてしまった母親に実刑判決が出た。「何かしなければ」と思いました。

 出版資金は多胎育児のことを広く伝えたいと、クラウドファンディングで募りました。昨年10月から「双子妊娠がわかったときに読む最初の一冊を作りたい!」と呼びかけ、体験談も載せたところ、2カ月間で327人から261万7500円が集まりました。

 本では、妊娠から3歳になるころまでに起こる出来事を時系列でまとめ、自分たちがやってよかったこと、失敗したこと、周りの人に助けてもらってありがたかったことなどをつづります。僕たちが味わった「苦行」を、これから子育てを始める人がする必要は無い。そんな思いで書き進めています。

 4月ごろの出版を目指しています。完成したら僕のツイッター(@sodateage_kudo)や、資金を募ったクラウドファンディングのサイト(https://camp-fire.jp/projects/view/158942別ウインドウで開きます)でお知らせする予定です。

妊娠期から支援も

 多胎児のいる家庭を地域でサポートする活動も生まれています。

 主に岐阜県内で活動するNPO法人「ぎふ多胎ネット」は、子どもの成長段階に合わせ、無料で利用できる様々な支援策を用意しています。多胎児育児を経験した人が独自の養成講座を受けてサポーターになり、76人が活動。保護者たちの悩みを聞き、子育てのコツを伝えています。

 支援は妊娠期から。地域ごとに「プレパパママ教室」を開き、その地域のサポーターや助産師、保健師らとの交流を図ります。教室は県の委託事業のため、市町村の窓口で母子手帳を交付する際、多胎児の親に参加を呼びかけています。

 教室で顔なじみになったサポーターが、妊産婦がいる県内の病院や、家庭を訪問してくれる仕組みです。家庭訪問は年40件ほど利用があり、サポーターが育児の悩みを聞いたり、授乳や入浴、食事の工夫の仕方などを直接教えたりして、孤立感や不安感を和らげています。

 また、おおむね0~3歳の多胎児の保護者を対象に育児教室も開催。一緒に遊ぶことで、保護者同士の交流も後押ししています。

 県内にはもともと10以上の当事者サークルがあり、2006年に「多胎ネット」を組織しました。多胎児のいる家庭を訪れて支援ニーズを調べたところ、訪問そのものが保護者たちに喜ばれ、支援策として確立したといいます。

 理事長の糸井川誠子さん(60)も三つ子の母です。当事者同士の活動からやがて支援する側に回りました。「多胎児の妊娠がわかった段階から、地域ぐるみで継続的に寄り添っていくことが重要。専門家、地域、行政で連携してサポートする体制が必要です」と話しています。(伊藤舞虹)

 フォーラムメールに寄せられた声をご紹介します。

 

 ●「ふたごマナー」ぜひ知って

 神奈川県藤沢市の小児科専門医、藤田真弥さん(35) 妹に三つ子が生まれて大変さを知り、育児情報サイトの監修もしています。

 妹も、他のお母さんも、初対面の人から「不妊治療をしたの?」と尋ねられることが多いとか。初めて会った人に、そのような個人的でセンシティブな事は尋ねないのがマナーではないでしょうか。他にも、「いっぺんに育つから楽ね」などと言われると、もやもやした気持ちを味わう人も少なくありません。

 話しかけて下さるのは、好意的な気持ちからだと思います。大変な時に「何か手伝うことはないですか?」という言葉は「助かる」と思う人が多いはず。また、多胎児はそれぞれ1人の人間。セットでは見ず、似ていたら「見分けるポイントは?」と聞くのも一案ですね。特別なことではないですが、「ふたごマナー」を知って頂ければと思います。

●育児の具体的なノウハウ必要

 情報サイト「多胎マム」の横田莉奈編集長(31) 3歳の三つ子と6歳の兄の母親です。育児当事者のための情報サイト(https://tatai.mom別ウインドウで開きます)を2018年秋に立ち上げました。多胎児向けの具体的な情報がほとんどなく、頼ったのはSNS。同じ思いの保護者とつながり情報交換。そのうち、私たちが日々やり取りしていたことを体系的にまとめたらいいのではと思い立ち、サイトにつながりました。

 悩んで保健師や医師に相談をしに行っても、多胎育児に関する専門的な知識を持ち合わせず、アドバイスが参考にならないことがあります。親の孤独感はより一層強まります。単純に1人の育児×人数分を行っていては、人手も時間も足りません。当事者にも支援者にも具体的なノウハウが必要です。

 昨秋からは、「オンライン多胎プレママ学級」も開講しました。オンライン会議システムを使い、1回1時間で受講料800円。全国どこでも受講できます。「どなたでも歓迎」「上の子がいる方」「子育てがはじめての方」といった枠を設け、事前に質問も募って多胎育児の経験者がアドバイスをしています。今後は、専門家によるオンライン育児相談や支援者向け講座にも発展させたいと思っています。

●母親が仮眠できる場所を

 横浜市のパート堀田利枝子さん(63) 娘が4歳の双子の男児を育てています。父親の仕事の都合で私も2歳8カ月まで一緒に暮らし、パートや趣味を休んでサポートしていました。生後1カ月ごろ、保健師さんが来てくださいました。困っていることを聞かれ、「1日に2時間しか寝られません」と答えると「昨日のママさんは1時間だった、大丈夫ですよ~。おばあちゃんが一緒だし恵まれているね」。娘はたまたま恵まれていたかも知れませんが、悩みの答えになっていないような違和感を覚えました。

 色々な支援施設がありますが、母親たちはみな寝不足です。出かけて行ったら母親が仮眠できるような施設があれば良いなと思います。

●バス会社の対応、冷たかった

 埼玉県の主婦(27) 6日午後、東京都内の駅前から生後10カ月の双子をベビーカーに乗せてバスに乗ろうとしたら乗車を断られてしまいました。その時は乗るのを諦めましたが、以前乗れたこともあったので、バスの営業所に問い合わせました。

 電話に出た男性からは「双子用ベビーカーは畳まなければ乗車できない」と言われました。でも、1人ではどうやっても難しいと伝えると、「子どもを優先席に寝転がせておいて、その間にベビーカーを畳めばいい」。生後10カ月ではそれも無理ですと伝えると「乗りたいなら方法は自分で考えてください」「以前バスに乗ったことがあるなら、乗せた運転手が悪い。指導します」と言われてしまいました。その後、バス会社から男性の発言は不適切だったと謝罪がありましたが、これが現状かと、愕然(がくぜん)としました。

●うれしかった声かけ、私も

 大分県国東市の主婦(46) 12歳の双子がいます。夫も協力的で親たちもよく助けてくれましたが、幼い頃は大変でした。多忙でイライラしがちだった時、地域の方々が温かく声をかけてくれて、本当にうれしかった。「双子ちゃん! 可愛いね」「お母さん、1人で大変だね」と言って下さったり、お店や病院のドアを押さえて中に入りやすくしてくれたり……。「私のことをちゃんと見ていてくれる人がいる」と思いました。

 また、「可愛いね」という言葉で、2人がどれだけ私にとって大切な存在か思い起こすこともできました。うまく寝付かなかったりして、気持ちがカーッとなることもありましたが、声をかけてもらったことで「この2人が周囲の人たちに癒やしを与えたのかな」と思ったんです。

 私は今、街中で小さな双子を連れたお母さんに「可愛いですね。うちの子も双子です」と、声をかけるようにしています。大変な思いをしている人の心が少しでも軽く、前向きになれる力になれればと思います。

     ◇

 「タッチ」の上杉兄弟は双子、「おそ松くん」は六つ子。多胎児という存在に、どこか憧れを感じる人は少なくないと思います。でも昨年、ある会見で双子のママが語った「憧れが、育児の過酷さを社会から隠してきた一因だと思う」という言葉にハッとしました。横型ベビーカーでバスにそのまま乗れない問題、見守っていきます。(丸山ひかり)

     ◇

 フォーラムアンケート「多浪ってどうなのよ?」をhttps://www.asahi.com/opinion/forumで実施中です。ご意見やご提案はasahi_forum@asahi.comメールするへお寄せ下さい。