遠藤啄郎さん(えんどう・たくお=横浜ボートシアター代表・劇作家、本名・琢郎)が7日、急性腎不全で死去、91歳。葬儀は近親者で営み、後日「しのぶ会」を関係者で催す予定。喪主は養女紗矢(さや)さん。

 81年、運河に浮かぶ廃船を劇場にした「横浜ボートシアター」を結成。仮面劇「小栗判官・照手姫」で紀伊国屋演劇賞を受賞し、海外でも盛んに公演した。