[PR]

 若手ダンサーの登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクールの本選が8日、スイス・モントルーで行われ、イタリアのモナコ王立プリンセスグレースバレエ学校に通うマルコ・マシャーリさん(17)が優勝した。本選には松山市の中学3年生、松岡海人さん(15)が残っていたが、入賞は逃した。

 松岡さんは愛媛バレエアカデミーを主宰する舟見玲子さんの次男で、3歳からバレエを始めた。コンクールは15歳から参加可能で、開催数日前に15歳になったばかり。全出場者77人中最年少での参加だった。

拡大する写真・図版7日、スイス・モントルーで開かれたローザンヌ国際バレエコンクール予選で、クラシックを踊る松岡海人さん=コンクール事務局提供、グレゴリー・バタルドン氏撮影

 本選のクラシック部門では「アレルキナーダのハレーキン」を踊った。人形のハレーキン役を、チャーミングなマイムとダイナミックな回転とジャンプで表現すると、ひときわ大きな拍手と歓声が沸いた。コンテンポラリー部門で踊ったのは「フリオ・コルポリス」。美しい体のラインと柔軟性を印象づけた。授賞式終了後に松岡さんは「いまはやりきった思いでいっぱい。ここに来られたことが奇跡。自分の踊りがローザンヌで通用することがわかった」と笑顔を見せた。

 同コンクールは近年、アジア勢の活躍が目ざましく、今回本選に進んだ21人のうち6人が中国・香港から、2人が韓国からの参加者だった。現地でコンクールを鑑賞したバーミンガム・ロイヤル・バレエ団元ソリストの山本康介さんは「審査は妥当。中国勢の技術的水準の高さに驚いた。松岡さんは軽さとのびやかさがあり、のびしろがとてもあると感じた」と話した。

 一方で、コロナウイルスによる新型肺炎の影響で参加できなかった中国人ダンサーも3人いた。コンクール事務局によると、3人は感染しておらず、通っている国立のバレエ学校が生徒全員を渡航禁止にしたという。

 同コンクールは1973年創設…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら